2017年12月06日

ワシ、東京へ行くその3〜第一ホテル東京『アンシャンテ』と『新宿ゴールデン街』〜






…………東京モーターショーを後にして、早めの夕食会場へ向かう事になった一行。歌舞伎座や国会議事堂をバスの中から見ながら、さすがの交通量の都会の森。ブイブイーっとバスが到着したのは……




『第一ホテル東京』



と言う場所。







………で、夕食場所はこのホテルの中にある『アンシャンテ』と言うフレンチのお店でございましたよ。




RIMG0069.jpg



この日の並びはこんな感じ。こういうフレンチをいただくのはなんだか久しぶり。高げな雰囲気。




RIMG0070.jpg


『炙り寒ブリのカルパッチョ仕立て』と『色とりどり大根のサラダ』と『かぶの葉のピュレと黄柚子のビネグレット』がお皿に乗って登場。お疲れの乾杯の後にいただきました。ビネグレットってなんなのっ?っと調べてみたらソースの名称らしいっすね。冷製ソースの名前。柑橘の風味がステキでした。




RIMG0072.jpg


『聖護院かぶのスープ』も。優しく滑らかな飲み口。




RIMG0073.jpg



『イトヨリダイのポワレ〜カリフラワーのムースリーヌ、スープドポワッソン風ソースで〜』もその後に。このメニューの名前に『〜で』って言う副題がつくのがフレンチっぽいと思うのはオイラだけかしら。すごくふんわりとした身で美味いっすね。ソースも美味。




RIMG0071.jpg


フレンチはソースがキモだと思いますので、皿に残っているソースはパンで拭って余すことなく頂きますよ。





RIMG0074.jpg



『牛カイノミ肉の網焼き〜安納芋のピュレと冬野菜、トランペット茸のソース〜』がドスンと登場。肉の焼き加減がちょうどよく美味。香りが良いトランペット茸って、コレも何なのっ?っと調べてみたら正式名称『トランペット・ド・ラ・モール>(死のトランペット)』って言う、あちらでは珍重されている茸ですって。安納芋のピュレも甘くて美味でございました。




RIMG0075.jpg



最後は『ほうじ茶のティラミス』でサッパリ甘味で〆。酒も程よく、晩飯は静か〜に終わったのであります。ごちそうさまでした!!






…………その後は宿泊先のホテルに移動。まだ寝るまでに時間があったもんで、都会の雰囲気を感じて行くべきではないのか〜……………!!って事で一人、ぶらりと外出。夜でもすごい人ごみの都会の街を歩いて歩いて………





20171102_202030.jpg



一度は足を運んでみたかった『新宿ゴールデン街』まで。飲み屋がぎっちり密集したエリア。どっか空いているお店は………とうろついてみたものの、どこも満席。そして外国人だらけ。もはや観光スポットなのかしら。手狭な店舗ばかりなので4、5人のお客ですぐに満席になる様子。でもって、うろついていると雨がパラパラ。『こりゃいかん。入れそうなお店も見当たらんし、そして雨かい。……離れるしかないかな。店に入れんかったのは惜しいけども、古くからの飲み屋街の雰囲気を見て感じれたので良しとするかな』と言う事でやむなく離脱したのでした。




チョ:「………うむー、惜しい事をした感じだぞ。今度はいつになるのか東京に来るなんて。でも次回来る事が出来たなら絶対ゆくのだ、ゴールデン街…さー…とりあえず明日に備えようかな。風呂に入って寝に入ろう。」





そそくさと風呂に入り、明日への準備をするチョコバットなのでした………(次回へつづく)
posted by チョコバット at 19:00| 鳥取 ☔| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: