2016年01月14日

鳥取市緑ヶ丘『カレーとアジアンフード コサジイチ』でカレーを食う

















…………『おもちよりっ♪フツーにっ♪アジアンがっ!!スッキー♡』的な感じで、先日の昼飯時にアジアン的なモノを求めてぶらぶら。お邪魔したのは………













20160105_113246.jpg







『カレーとアジアンフード コサジイチ』

(鳥取市緑ヶ丘3-1-16) 












前もカレー屋だった所。経営者が変わったのか別名になっておりまして興味津々。ええタイミングだったので寄ってみましたよ。











2016-0105-113504012.jpg









2016-0105-113755870.jpg









メニューはこんな感じ。どこぞで見た事のあるような並びのような気がするなーと思いつつ…コレとコレとコレくださいとオーダー。じわじわと『カレー欲』を高めつつ待っていると……きましたよー、オイラオーダーの…











IMG_20160105_114723.jpg









『牛すじカレー目玉焼きトッピング(3辛)』













2016-0105-114755271.jpg









妻は『チキンカレー(小)じゃがいもトッピング(1辛)』をオーダー。ナイフとフォークが付いてきておりました。妻はこれを駆使してデカいチキンを解体。便利げにしておりましたよ。













2016-0105-114837991.jpg







さらりとしたルウ。米は日本米でございましたよ。食べてみると3辛でも結構な辛味。旨味よりも早めに辛味と言った感じ。











2016-0105-115548017.jpg







この辛味は目玉焼きで緩和しつつ……それでもじわーっと来ますなこりゃ。辛味効果。











2016-0105-115039372.jpg









唐揚げもついでに。タレを浸けて食うタイプ。こぶミカンの葉が衣に見えましたよ。コレが香って肉はジューシーで美味。









2016-0105-121442165.jpg









食後には『ココナッツソルベ』。口に残る辛味が柔らかく消えていきますぞ。ひんやりと甘くて美味でございました。ごちそうさまでした……!!!











チョ:「………うむ、久しぶりにカレーだったなー。たまには辛いモンを食わんとやっぱ刺激が足りんようになるのだよ。……よっしゃ、カレー欲は満たされたっ!!いこかーぃ………」









駐車場に停めたクルマに乗り込み、お店を後にするチョコバットなのでした…………………













………さてとー……今回も『おまけ』付き。……今回は何にしよーかーなー………と思っておりましたところ、パッと思いついたのが









『昼ドラ』









ただいま絶賛放送中の『新・牡丹と薔薇』。観ておられますかな?オイラは録画をして観ておりますが。今回は『昼ドラ』をネタにしてみようぞ……!!という事でこんな感じでいってみるのだ……





















『雨夜の月に』。工藤静香の歌。『麗わしき鬼』の主題歌でございました。なかなかに切なくて良曲。サビの部分のベースラインが好き。

















『牡丹と薔薇』の有名シーン『財布ステーキ』もなかなかのモノですが……













この『麗わしき鬼』も『携帯ケーキ』でお茶の間を凍りつかせておりました。



























『偽りの花園』、『非婚同盟』、『赤い糸の女』やら『さくら心中』、『天国の恋』などなど……東海テレビと脚本家『中島丈博』氏の組み合わせはマジでこれぞ『昼ドラ』と言った感じで放送するたびに観ておりましたが、なんだか個人的にヒジョーにインパクト大だったのは『麗わしき鬼』だったんすよねー。遠野なぎこがええキャラだったんだわ〜……などと感慨に浸っておりますぞ、コレを観ながら。











…………『新・牡丹と薔薇』もそろそろ中盤の頃かなー。個人的には『アイアム、カオルコダヨ!!』の明言を残した女優『鰐淵晴子』氏にはもうちょいっと出演してほしかったけども…果たしてこれからどんな展開になるのかヒジョーに楽しみであります。では、今回はこの辺で。また次回―………
ラベル:食 
posted by チョコバット at 05:00| 鳥取 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック