2015年12月10日

ひさびさのうどんな旅の巻その3〜香川県高松市『うわさの麺蔵』〜








………『よしや』を後にして、さて次のうどんは〜………どこにしようかしら。『かしわ』食いたくないっすか?『かしわ』。っつう事で向かったのは………






20151116_100936.jpg




『うわさの麺蔵』
(香川県高松市中間町584−6)







前回お邪魔したのは『この時』。ボリューミーな『とり天ざる』が美味だった記憶。入店するとお客は自分たちだけ。まずはカウンターでササッと好みのうどんをオーダー。オイラはこの後の事を考えて…………






2015-1116-101322329.jpg



『ぶっかけ』の小にして、『とり天』を小皿に一つ。これくらいでエエ塩梅かなーと。ここのうどん、ズズッと啜りましたが食感が好き。伸びも程よくあって、しなやかうどんでございますよ。とり天はカリッとジューシー。一個のデカさも申し分なくステキ。酒のアテにもやりたいっすわコレ。ぶっかけのダシはちょい甘い感じ。一方、Tさん、K氏は







IMG_20151116_102231.jpg




『とり天ざる』をズバズバガシガシやっておりました。デカい『とり天』が5、6個あったかなー。こりゃパワフルうどんですな。エエ勢いで食っている様子かなーと思いきや…………何という事でしょう!!行きしな一番威勢の良かったK氏からまさかの





『ボクもう食べれませんです宣言』





が発せられ、その後無言でオイラの小皿に食べ残した『とり天』をポイッと。『食え』とばかりに放り込んできたもんでTさんと二人で





『食えぬなど、そんな事許すまじ宣言』




をどーんと突きつけてやりまして………なんっつうんすかね、例えたらアレですよ………マンガ『北斗の拳』に登場した『ウイグル獄長』で知られる『カサンドラ編』に出てきた『ライガ』と『フウガ』的な感じでどーんと。『二神風雷拳』的な………などと言うものすごく分かりにくい例えは置いといて…問答無用で『出されたものは責任もって残さず食うべし』と言う、このうどん行脚の洗礼を浴びせてしまったのでありまして……良くぞ食ったぞ、K氏。そこだけは褒めどころ。






チョ:「…………とり天も美味いですが、うどんもなかなかのモノだと思うんすよね。このお店。しっかし『とり天ざる』はボリューミー。何ヶ所も回るんで、その時は今回みたいにぶっかけと小皿にとり天って言う組み合わせでもエエかもしれんですね。調整できるので。………さてとー、行きましょうか次に……」






駐車場に停めたクルマに乗り込み次の目的地へ向かうチョコバットなのでした…………
ラベル:うどん 食 
posted by チョコバット at 05:00| 鳥取 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック